植物に害虫が発生する前に、病害虫の対策と予防方法を知ろう

園芸や農業などを行う上で切っても切り離せないのが、「病害虫」による被害です。害虫被害だけではなく作物の病気にも関わるため、対策は徹底したいと思う方も多いはず。

病害虫の被害は、日射不足や長雨などによる湿気といった環境が影響したり、栄養不足などによる作物の衰弱から来たりする場合が多いです。

そのため、まずは病害虫そのものを寄せ付けない工夫をしていくことが大切と言えるでしょう。園芸や農業を行う上でも、植物にとって成長しやすい環境を作ることが大切です。

病害虫の対策におすすめな11の項目

植物が健康に成長するためには、周囲の環境がとても重要になります。また植物には病害虫がつきものですが、これらも生態系の一部となっていることは忘れてはいけません。

しかし周囲の環境バランスが崩れることによって、病害虫による被害が発生するのです。

被害を減らすために農薬を使うこともできますが、それでは病害虫の天敵となる昆虫も死滅させる結果となり、生態系のバランスを崩す原因になりかねません。

病害虫の被害を減らすためには、下記のバランスを考えながら対策を行う必要があります。

・耕種的防除:栽培方法を変える
・物理的防除:直接的な接触を遮断する
・生物的防除:天敵やフェロモンを利用
・化学的防除:農薬を使用

それでは上記の防除方法を考慮しながら、病害虫の対策におすすめな11の項目をご紹介します。

株間を広げて植える

植物との株間が狭いと、株の成長が悪くなり、病害虫も発生しやすくなってしまいます。株間を広げることによって、1つの株に栄養が行き渡り、また風通しが良くなることで蒸れを防ぐことができます。

コンテナは直接地面に置かない

園芸をする際は、植物をコンテナに植えることが多いでしょう。

その際にコンテナを直接地面に置かないようにすることが大切です。直接おくことで、病害虫の侵入の原因となります。

葉裏に散水する

夏の乾燥が続く時期には、ハダニが発生しやすくなります。散水時に葉裏までシャワーをかけることで、乾燥を防ぐだけでなく物理的にもハダニを駆除することができます。

こまめに花がらを摘む

咲き終わった花がらや枯れ葉などは、放置しておくと病気の原因となってしまうため、こまめに摘み取ることが大切です。

湿気が強い梅雨の時期は特に病気になりやすいため、意識してこまめに摘み取ることが大切です。

こまめに除草する

雑草を放置しておくことで病害虫が発生しやすくなるため、花壇やコンテナ、畑などの雑草はこまめに除草することを心がけましょう。

コンパニオンプランツ

植物の組み合わせによってはお互いに良い影響を与え合うものがあり、コンパニオンプランツ(共栄作物)と呼びます。

特に有名なのが「マリーゴールド」で、様々な植物と相性が良いため病害虫対策として一緒に植えられることが多いです。

マルチングする

「マルチシート」や「わら」などを敷くことで、乾燥対策や雑草の抑制につながります。また雨が降った時の泥はねを抑える効果もあり、土壌中に生存している疫病などの感染を防ぐ効果もあります。

防虫ネット(被覆資材)を使う

防虫ネットなどの被覆資材を使うことで、物理的に害虫の侵入を遮断することができます。

背丈があまり大きくならない植物におすすめの対策で、虫に食べられやすいキャベツなどの野菜に使われることが多いです。

誘蛾灯(ゆうがとう)などを設置する

物理的な対策方法として、光を利用した方法があります。

虫が光に集まる習性を利用した「誘蛾灯」の設置や、夜行性害虫の行動を抑制する「黄色蛍光灯(防蛾灯)」などを活用してみると良いでしょう。

フェロモンを活用する

フェロモントラップを利用した対策方法があります。

成虫のメスがオスを誘引するために「性フェロモン」を出しますが、これを人工的に合成して害虫のオスを捕獲して防除する方法や、高濃度な性フェロモンを散布することでオスとメスの交信を混乱させて交配できなくする方法があります。

また、単純に害虫を捕殺する方法も有効的です。

害虫を駆除して体液に含まれる危険信号を出させることで、他の仲間を寄せ付けなくする効果があります。

農薬を使用する

農薬を使用することで、病害虫の予防を行うことができます。

農薬の種類にも様々ありますが、できるだけ自然由来のものを利用した方が有機栽培もできて、生態系への影響も少ないです。

また農薬を使用する場合は、決められたルールなどをしっかりと守ることが重要です。濃度が強すぎたり頻繁に散布したりすると、作物が痛む原因となるため気をつけましょう。

主な病害虫と予防方法

ここでは主な病害虫と、その予防方法についてご紹介します。

適切な方法で対策を行い、病害虫の被害から作物を守りましょう。

・アブラムシ類:薬剤には弱いため定期的に散布する
・ハダニ類:繁殖スピードが速いためすぐに適切な薬剤を施す
・コナジラミ類:定期的に薬剤で駆除する
・アザミウマ類:霧吹きなどで乾燥を防ぐほか、アドマイヤー水和剤を施す
・うどんこ病:適切な殺菌剤で防除するが、抵抗性が高いため特定のものを続けて使わない
・灰色かび病:適切な殺菌剤で早めに予防する。風通しをよくする。

いくつか病害虫とその予防方法についてご紹介しましたが、それぞれ適切な対策を行い防除することが大切です。作物の管理方法をしっかりと理解することを心がけましょう。

【紹介関連アイテムカテゴリ】
殺虫剤一覧をチェック
殺菌剤一覧をチェック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です