草刈機と刈払機の特徴や違いを知り、草刈りの作業効率を高めよう

草刈りをする時に、「草刈機」と「刈払機」の違いを理解して使っているでしょうか?

中には、どちらも一緒だと思っている方も少なくないかも知れません。しかし実は、両者にはきちんと違いがあります。

それぞれの違いを理解しておくことで場面に応じて適切な作業をすることができるため、草刈りの効率を向上できるでしょう。

この記事で「草刈機」と「刈払機」の違いについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

草刈機と刈払機には違いがあることを理解しよう

草刈機と刈払機は、どちらも草刈りの時に使用する機械です。そのため両者について、違う呼び方だけど同じ機械だと勘違いしている方が多いです。

しかし先ほど述べたように、両者には違いがあることを理解しておく必要があります。それぞれ購入しておくことで、場面に応じてより高い効果を発揮することができるでしょう。

草刈機について

草刈機は広い範囲の草刈りを想定した場合に使用する機械です。その大きさも幅広く、搭乗して草を刈るタイプや自走して草を刈るタイプもあることが特徴です。

大きい搭乗タイプの草刈機は、重さ約500kgもあるハンマーナイフを回転させながら一気に草刈りできるため、広い範囲の草刈りには効果的なのです。

一人では作業できない様な場所の草刈りには、大きな草刈機を使うことで効率よく作業ができるでしょう。

刈払機について

刈払機はそこまで広くない範囲の草刈りを想定した時に使用する機械です。例えば一般家庭の庭や畑、公園、河川敷などに生えている雑草・小枝などを刈るのに適していると言えるでしょう。
役割は「草刈機」と明確な違いがないですが、刈払機は搭乗タイプのような大きなものは区分されないことが特徴です。そのため刈払機は、小型機械のことを指していると言っていいでしょう。

動力もいくつか分かれており、「2サイクルエンジン(混合ガソリン)」「4サイクルエンジン(無鉛ガソリン)」のガソリンタイプや電気を動力としている機械もあります。

草刈機と刈払機をうまく使い分ける

先述した様に、草刈機と刈払機は役割に違いはないものの、区別がはっきり分かれることを理解しておく必要があります。

ここからはもっと具体的に、草刈機と刈払機をどの様に使い分けるか解説していきます。適切な場面で機械を使い、効率よく草刈りをしていきましょう。

草刈機はいつ使うのか

草刈機は広い路肩の草刈りや田畑など、広範囲に及ぶ草刈りをする際に適しています。状況に応じて搭乗タイプの草刈機を使うことで、より効率よく広範囲の草刈りをすることができるでしょう。

雑草が生い茂る場所では、大きな草刈機を活用した作業がうってつけです。

刈払機はいつ使うのか

刈払機は狭い範囲の草刈りに適しているため、家庭の庭や畑、大きな草刈機が入らない公園などでの作業に適しています。

刈払機はあくまでも「人による手作業の延長」というイメージが強いため、大掛かりな草刈りを行う場面には適していません。

草刈機は「ハンドル」「動力」「刃」によってタイプが分かれるため、作業に適した刈払機を使用するようにしましょう。

特徴を理解して草刈りの効率をアップさせよう

おさらいとして、「刈払機」は小型機械、「草刈機」は大型機械を含む機械全般のことを指します。それぞれの特徴を理解しておくことで、作業を行う際にどちらを使うべきか分かるようになるでしょう。

とはいえ、広範囲の場所でも刈払機を使い複数人で作業をするケースもあります。あくまでもそれぞれの役割は同じ為、どちらも明確な違いはないと言えるかも知れません。

草刈機は刈払機も含める為、メーカーによっては小型機械でも「草刈機」と記載している場合もあります。

それぞれの違いについて気をつけて、使用目的に応じて使い分けることが大切です。

背負式 刈払機一覧をチェック
肩掛式 刈払機一覧をチェック
草刈機一覧をチェック

【紹介関連アイテムカテゴリ】
刈払機(草刈機)一覧

【関連記事】
草刈機・刈払機の種類や選び方の基本情報をご紹介!利用場所や使用時の注意点も解説します
草刈りの時期や実施タイミングは年に3回です。時期で違う雑草の特徴とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です