草刈りの時期や実施タイミングは年に3回です。時期で違う雑草の特徴とは?


「草刈りは気になったときに行っている」
「草刈りをしたばかりなのにまた雑草が生えてきた」
「もっと効率よく草刈り作業を行いたい」

このようなお悩みは、お庭や畑の草刈りをしたことがある方であれば一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

草刈りは雑草が伸びたタイミングで行なっている。おそらくそのような方も多いかと思います。

しかし草刈りには、効率よくできる時期があることをご存知でしたか?

今回の記事では草刈りにぴったりな時期をご紹介し、効率よく草刈りするための方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

草刈りのタイミングは年3回が理想的

  • 6〜7月
  • 9〜10月
  • 11〜12月

草刈りに適した時期は、上記のように年3回が理想的です。

この時期に草刈りを行うことで、無駄を省いた効率的な草刈りをすることができるのです。 大切なお庭や畑を守るためにも、できるだけ効率的な草刈りをすることを心がけてみてください。

「ハンドル」の種類と特徴

ハンドルの形状によって草刈り機の使いやすさは大きく左右されます。利用場所によっては普段と異なる動きをする必要がある場合があるため、扱いやすいハンドルの形状の刈払機を選ぶことがポイントとなります。

ハンドルの種類は下記の3種類に分かれています。

6〜7月の時期

6〜7月は雨量も多く最も雑草が成長する時期です。 この時期に雑草を刈ることで、雑草のさらなる成長を抑制することができます。

この時期はちょうど雨量が多く、雨上がりの土が柔らかくなったタイミングだと草刈りしやすくなります。ただしこの時期は気温も高くなりやすいため、水分補給などをしながら熱中症対策も忘れないようにしましょう。

9〜10月の時期

夏が過ぎて気温が低下するとともに、雑草の成長スピードも緩やかになります。この時期に草刈りをしておくことで、冬に雑草を成長させないようにすることができます。

雑草のエネルギーが低下するこの時期に、しっかりと草刈りをしておくことがポイントです。ちょうど涼しくなる時期なので、草刈りにうってつけの時期と言えるでしょう。

11〜12月の時期

11〜12月は寒くなり枯れ草が増える時期です。 枯れ草をしっかりと刈ることで翌春の草花の成長に良い影響を与え、生育・芽生えがよくなるでしょう。

枯れ草を放置してしまうと、春に向けた種まきに支障が出てしまう可能性もあります。例えば枯れ草が影となり、せっかく種まきをしても冬の時期に十分に日光に当てることが困難になる恐れがあります。

枯れ草はしぶとい雑草とは違い除去しやすいため、しっかりと草刈りしましょう。

雑草の成長変化を把握しておこう


雑草にも成長サイクルがあるため、勢いよく伸びる時期とそうでない時期があります。 そのため草刈りを行っても夏場はすぐにまた生えますし、逆に冬場に草刈りをしても成長が緩やかになっているため効率的ではありません。

ちょうどいい適切なタイミングで草刈りを行うには、そのような雑草の成長サイクルを理解することが大切なのです。

また同じ雑草でも「一年草」と「多年草」という種類に分けることができます。

一年草はその名前の通り、冬に枯れてまた春頃成長を開始します。 一方で多年草は越冬するため、表面上枯れているように見えても地中の根はしっかりと生きています。そのため完全に除去しようと思うのであれば、根元から刈る必要があることを覚えておきましょう。

草刈りをする際に気をつけるべきこと

  • 草刈り時は天候に注意する
  • 熱中症対策は忘れずに
  • 虫対策をする

草刈りをする際に気をつけるべきことは上記の3点です。

草刈りを行うタイミングをご紹介しましたが、もちろん天候によって雑草の成長スピードは変化します。

草刈りを行っても、次の日に雨が降りその翌日に晴れるようなことがあれば、水と太陽の光の影響を受けて雑草はみるみる成長してしまいます。そのため草刈りを行う際はよく天気予報を確認し、晴れが続いてある程度伸びきった状態で草刈りをすることがおすすめです。

草刈り場所によって最適な道具選びと作業をする

草刈りをするための道具はいくつかあります。 とは言っても草刈りをする場所によって最適な道具を選び、作業をしていく必要があるでしょう。

草刈り鎌や剪定鋏のほか、より効率的に草刈りを行うのであれば「刈払機」を使うことをおすすめします。

必要な道具を揃える

  • 草刈り鎌
  • 剪定鋏
  • 台車
  • 軍手
  • 刈払機

草刈りをする場所や雑草の量によって、上記のような必要道具を揃えましょう。

最適な道具を使うことによって、効率よく草刈りをすることができます。

道具選びは作業の基本。 草刈りをする場所を想定し、あらかじめ必要な道具を想定しておくと良いでしょう。

刈払機を使う場合はタイプの違いを理解する

草刈りを効率良く行うため、刈払機を使う場合はタイプの違いを理解しておくことが大切です。 刈払機には大きく分けて「ハンドル」「動力」「刃」の3つの違いによってタイプが分かれ、 それぞれ草刈りに向いている場所や草などが異なります。

まずは持っている(もしくは購入する)草刈り機のタイプを確認し、草刈りをする場所と照らし合わせながらタイプの違いを理解してみてください。

面倒な草刈りは刈払機を活用しよう

草刈りを効率よく行いたいのであれば、刈払機を活用した方がいいでしょう。 もしくは、自分ではできない場合業者に依頼するのも一つの手です。

刈払機を活用することによって刃の種類を使い分けることができるので、効率よく草を刈ることができます。刃の種類によって向いている草が異なるため、どのような雑草にも対応することができるでしょう。

やまびこ KIORITZ(共立)」は平坦地から傾斜地まで対応できる高性能な刈払機です。パワーもあるため、大きく成長した雑草をしっかりと刈ることができるかと思います。

【紹介関連アイテムカテゴリ】

背負式 刈払機一覧
肩掛式 刈払機一覧

【関連記事】

草刈機・刈払機の種類や選び方の基本情報をご紹介!利用場所や使用時の注意点も解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です