家庭菜園での無農薬栽培

12月を迎え朝晩すっかり冷え込むこの頃、今年初めてのおでんを細君が作ってくれました。
温かいおでんはほっこり、身体も温まっていいですね~。
おでんに使った大根・里芋・春菊は近所の生産者さんから頂いた獲れたての冬野菜です。
こちらの生産者さんは無農薬栽培にこだわる家庭菜園家です。
時々土壌相談などをお受けし、色々とアドバイスを差し上げたりしてます。
今回は家庭菜園での無農薬栽培について書いてみようと思います。

無農薬栽培で作物を育てる場合に一番困るのが害虫駆除です。
害虫対策さえしっかり備えていれば美味しい野菜を育てることが出来るでしょう。

基本 その①

化学肥料は極力使わず有機肥料を施肥することをおすすめします。
有機肥料暖効性ですので早い効果は望めませんが、土中の微生物を活発化させて土壌改良に役立ち、土中の病害虫駆除に役立ちます。

おススメの有機肥料

基本 その②

肥料の三要素はチッソ・リン酸・カリウムですがチッソはタンパク質を作り出すアミノ酸の原料となります。害虫はアミノ酸を多く含んだ葉が大好物ですのでチッソ成分の割合を多く含んだ肥料を与えすぎないことが害虫駆除に役立ちます。

基本 その③

家庭菜園での害虫駆除対策として農薬用資材を活用することも必要です。
野菜苗を植え付ける際に用いるマルチングです。
畝にビニールのマルチングシートを被せて四隅を固定させ、等間隔に穴を空けて苗を植え付けます。この方法は風を防いで地温を保持する効果があり冬におススメです。
プランターや畝にU字の鋼管支柱をさし込んで防虫ネットを被せておくと害虫除けに役立ちます。

おススメの防虫ネット

おススメのマルチング

おススメの霜除け保温

基本 その➃

家庭菜園での農薬などを使わない害虫駆除対策が出来る有効的なひとつがコンパニオンプランツを作物と一緒に植え込む方法です。
同じ場所にひとつの野菜のみを育てると野菜を食害する害虫が大量に発生することがあります。
そこでハーブなど害虫が嫌う匂いを放つ植物を一緒に植えると家庭菜園での害虫駆除に役立ちます。

例)
キャベツ・玉ねぎ・ブロッコリー ・・・・・カモミール
キャベツ・人参・豆類 ・・・・・セージ・ローズマリー
アブラナ科野菜 ・・・・・ミント・タイム
大根・人参・ジャガイモ・・・・・マリーゴールドなど
ほうねんでは色々な用途に応じた有機肥料やマルチングシートを取りそろえております。
また土壌改良など色々なお悩みにもご相談いただければ適切なアドバイスをさせていただきます。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

ほうねん TEL:097-596-1673
ほうねんオンラインサイト:https://hounen-online.jp
ほうねんコーポレートサイト:www.hounen-oita.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です