【本店】【朝地店】 4/24(土)〜27(火) 春の「田植えフェア」開催!

ほうねん 田植えフェア

ゴールデンウィーク直前 4/24(土)〜27(火)の4日間、春の「田植えフェア」をほうねん本店、ほうねん朝地店の両店で開催!うれしいプライスで春の農作業・園芸を応援します!店頭のみの大特価品を多数、取り揃えてお待ちしています。

また期間中に対象の刈払機をお買い上げの方へ、古い、動かない、壊れた刈払機を3,000円〜1,500円で何台でも下取りする「下取り買い替え応援セール」も実施しています。このチャンスにぜひ刈払機をご検討くださいませ。

ほうねんスタッフ一同、皆さまのご来店を心よりお待ちしています!

ほうねん 店舗案内

春の訪れ part 5 春野菜いっぱいの夕餉

こんにちは。春の訪れも5回目となりました。
今回は旬の春野菜がいっぱい!我が家の夕食を紹介します。

旬の春野菜料理

メニュー
・ 新タケノコの煮付け。
・ 新じゃがの肉じゃが。
・ 生姜焼き+春レタスと炒り卵とシーチキンのサラダ、ブロッコリー添え。

タケノコの煮付けはご近所の方から毎年タケノコをいただき、細君が毎年かしわと炊いてくれます。
私はこれに目がなく大好きです(笑)

地元の農家さんは掘りたてのタケノコを直ぐに大釜で湯がき、茹でたてをおいしい地下水でさらします。おかげでえぐみがまったくなく柔らかく実に美味しいです !(^^)!

これから5月までは孟宗竹や四方竹、破竹など様々なタケノコが楽しめて嬉しい限りです。

春はその他にも新じゃが、春キャベツ、春レタス、新玉ねぎ、ブロッコリー、独活などなど、おいしい旬の野菜がいっぱいで食卓がにぎやかになりわくわくする季節です。。。

春の訪れ part 4

桜はすっかり散り葉桜になりました。
何だか名残惜しく感じながら散りゆく桜を見られた方も多いかと…

昨日、通りがかった住宅街の中の小さな祠の前に藤棚を発見。
満開です!思わず写真に撮りました。
今年は桜の開花も早かったですが、藤の花も早いようです。

調べてみるとフジの花言葉は「優しさ」「歓迎」
新生活をスタートさせる方々も多いこの時期になんともピッタリの花言葉でその美しさに思わず見とれます。

「万葉集」にもフジの花を詠んだ歌は多く「藤」の字を持つ藤原氏の隆盛やフジの旺盛な生命力と豊かなその香りで高貴な花として愛されてました。
たおやかに垂れる藤の花は振袖姿の艶やかな女性を思わせます。
日本では古くからフジを女性に松を男性にたとえこれらを近くに植える習慣があったそうです。

春の訪れ part 3

今年の桜の開花は早かったですね。。。
残念ながら花見宴会とはいきませんがその美しさは十分堪能させていただきました。
先週満開のソメイヨシノと一昨日に満開の枝垂桜です。

桜には日本人を惹きつける魔性の美しさがあると言いますがホントひきこまれる美しさです。
日本に「お花見」の宴が始まったのは平安時代の事。
平安の貴族たちが桜の花に心躍らせ、歌を詠み、宴を開いたのが始まり。
またこの時代の農民にとって「お花見」は豊作祈願の行事でした。
田の神様は冬になると山へ行き春になると里へ下りると考えられていて桜は春になっておりてきた田の神様が宿るとされ桜の下で田の神様を迎えてもてなし、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり種もみをまく準備をしてきたようです。
「お花見」の起源って日本の稲作農業に深いかかわりがあったんですね。。。

ちなみに有名な上野公園の桜は三代将軍徳川家光が上野寛永寺を建立した際に奈良県吉野山から移植したのが始まりだそうです。