草刈機と刈払機の特徴や違いを知り、草刈りの作業効率を高めよう

草刈りをする時に、「草刈機」と「刈払機」の違いを理解して使っているでしょうか?

中には、どちらも一緒だと思っている方も少なくないかも知れません。しかし実は、両者にはきちんと違いがあります。

それぞれの違いを理解しておくことで場面に応じて適切な作業をすることができるため、草刈りの効率を向上できるでしょう。

この記事で「草刈機」と「刈払機」の違いについて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

草刈機と刈払機には違いがあることを理解しよう

草刈機と刈払機は、どちらも草刈りの時に使用する機械です。そのため両者について、違う呼び方だけど同じ機械だと勘違いしている方が多いです。

しかし先ほど述べたように、両者には違いがあることを理解しておく必要があります。それぞれ購入しておくことで、場面に応じてより高い効果を発揮することができるでしょう。

草刈機について

草刈機は広い範囲の草刈りを想定した場合に使用する機械です。その大きさも幅広く、搭乗して草を刈るタイプや自走して草を刈るタイプもあることが特徴です。

大きい搭乗タイプの草刈機は、重さ約500kgもあるハンマーナイフを回転させながら一気に草刈りできるため、広い範囲の草刈りには効果的なのです。

一人では作業できない様な場所の草刈りには、大きな草刈機を使うことで効率よく作業ができるでしょう。

刈払機について

刈払機はそこまで広くない範囲の草刈りを想定した時に使用する機械です。例えば一般家庭の庭や畑、公園、河川敷などに生えている雑草・小枝などを刈るのに適していると言えるでしょう。
役割は「草刈機」と明確な違いがないですが、刈払機は搭乗タイプのような大きなものは区分されないことが特徴です。そのため刈払機は、小型機械のことを指していると言っていいでしょう。

動力もいくつか分かれており、「2サイクルエンジン(混合ガソリン)」「4サイクルエンジン(無鉛ガソリン)」のガソリンタイプや電気を動力としている機械もあります。

草刈機と刈払機をうまく使い分ける

先述した様に、草刈機と刈払機は役割に違いはないものの、区別がはっきり分かれることを理解しておく必要があります。

ここからはもっと具体的に、草刈機と刈払機をどの様に使い分けるか解説していきます。適切な場面で機械を使い、効率よく草刈りをしていきましょう。

草刈機はいつ使うのか

草刈機は広い路肩の草刈りや田畑など、広範囲に及ぶ草刈りをする際に適しています。状況に応じて搭乗タイプの草刈機を使うことで、より効率よく広範囲の草刈りをすることができるでしょう。

雑草が生い茂る場所では、大きな草刈機を活用した作業がうってつけです。

刈払機はいつ使うのか

刈払機は狭い範囲の草刈りに適しているため、家庭の庭や畑、大きな草刈機が入らない公園などでの作業に適しています。

刈払機はあくまでも「人による手作業の延長」というイメージが強いため、大掛かりな草刈りを行う場面には適していません。

草刈機は「ハンドル」「動力」「刃」によってタイプが分かれるため、作業に適した刈払機を使用するようにしましょう。

特徴を理解して草刈りの効率をアップさせよう

おさらいとして、「刈払機」は小型機械、「草刈機」は大型機械を含む機械全般のことを指します。それぞれの特徴を理解しておくことで、作業を行う際にどちらを使うべきか分かるようになるでしょう。

とはいえ、広範囲の場所でも刈払機を使い複数人で作業をするケースもあります。あくまでもそれぞれの役割は同じ為、どちらも明確な違いはないと言えるかも知れません。

草刈機は刈払機も含める為、メーカーによっては小型機械でも「草刈機」と記載している場合もあります。

それぞれの違いについて気をつけて、使用目的に応じて使い分けることが大切です。

背負式 刈払機一覧をチェック
肩掛式 刈払機一覧をチェック
草刈機一覧をチェック

【紹介関連アイテムカテゴリ】
刈払機(草刈機)一覧

【関連記事】
草刈機・刈払機の種類や選び方の基本情報をご紹介!利用場所や使用時の注意点も解説します
草刈りの時期や実施タイミングは年に3回です。時期で違う雑草の特徴とは?

草刈りの時期や実施タイミングは年に3回です。時期で違う雑草の特徴とは?


「草刈りは気になったときに行っている」
「草刈りをしたばかりなのにまた雑草が生えてきた」
「もっと効率よく草刈り作業を行いたい」

このようなお悩みは、お庭や畑の草刈りをしたことがある方であれば一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

草刈りは雑草が伸びたタイミングで行なっている。おそらくそのような方も多いかと思います。

しかし草刈りには、効率よくできる時期があることをご存知でしたか?

今回の記事では草刈りにぴったりな時期をご紹介し、効率よく草刈りするための方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

草刈りのタイミングは年3回が理想的

  • 6〜7月
  • 9〜10月
  • 11〜12月

草刈りに適した時期は、上記のように年3回が理想的です。

この時期に草刈りを行うことで、無駄を省いた効率的な草刈りをすることができるのです。 大切なお庭や畑を守るためにも、できるだけ効率的な草刈りをすることを心がけてみてください。

「ハンドル」の種類と特徴

ハンドルの形状によって草刈り機の使いやすさは大きく左右されます。利用場所によっては普段と異なる動きをする必要がある場合があるため、扱いやすいハンドルの形状の刈払機を選ぶことがポイントとなります。

ハンドルの種類は下記の3種類に分かれています。

6〜7月の時期

6〜7月は雨量も多く最も雑草が成長する時期です。 この時期に雑草を刈ることで、雑草のさらなる成長を抑制することができます。

この時期はちょうど雨量が多く、雨上がりの土が柔らかくなったタイミングだと草刈りしやすくなります。ただしこの時期は気温も高くなりやすいため、水分補給などをしながら熱中症対策も忘れないようにしましょう。

9〜10月の時期

夏が過ぎて気温が低下するとともに、雑草の成長スピードも緩やかになります。この時期に草刈りをしておくことで、冬に雑草を成長させないようにすることができます。

雑草のエネルギーが低下するこの時期に、しっかりと草刈りをしておくことがポイントです。ちょうど涼しくなる時期なので、草刈りにうってつけの時期と言えるでしょう。

11〜12月の時期

11〜12月は寒くなり枯れ草が増える時期です。 枯れ草をしっかりと刈ることで翌春の草花の成長に良い影響を与え、生育・芽生えがよくなるでしょう。

枯れ草を放置してしまうと、春に向けた種まきに支障が出てしまう可能性もあります。例えば枯れ草が影となり、せっかく種まきをしても冬の時期に十分に日光に当てることが困難になる恐れがあります。

枯れ草はしぶとい雑草とは違い除去しやすいため、しっかりと草刈りしましょう。

雑草の成長変化を把握しておこう


雑草にも成長サイクルがあるため、勢いよく伸びる時期とそうでない時期があります。 そのため草刈りを行っても夏場はすぐにまた生えますし、逆に冬場に草刈りをしても成長が緩やかになっているため効率的ではありません。

ちょうどいい適切なタイミングで草刈りを行うには、そのような雑草の成長サイクルを理解することが大切なのです。

また同じ雑草でも「一年草」と「多年草」という種類に分けることができます。

一年草はその名前の通り、冬に枯れてまた春頃成長を開始します。 一方で多年草は越冬するため、表面上枯れているように見えても地中の根はしっかりと生きています。そのため完全に除去しようと思うのであれば、根元から刈る必要があることを覚えておきましょう。

草刈りをする際に気をつけるべきこと

  • 草刈り時は天候に注意する
  • 熱中症対策は忘れずに
  • 虫対策をする

草刈りをする際に気をつけるべきことは上記の3点です。

草刈りを行うタイミングをご紹介しましたが、もちろん天候によって雑草の成長スピードは変化します。

草刈りを行っても、次の日に雨が降りその翌日に晴れるようなことがあれば、水と太陽の光の影響を受けて雑草はみるみる成長してしまいます。そのため草刈りを行う際はよく天気予報を確認し、晴れが続いてある程度伸びきった状態で草刈りをすることがおすすめです。

草刈り場所によって最適な道具選びと作業をする

草刈りをするための道具はいくつかあります。 とは言っても草刈りをする場所によって最適な道具を選び、作業をしていく必要があるでしょう。

草刈り鎌や剪定鋏のほか、より効率的に草刈りを行うのであれば「刈払機」を使うことをおすすめします。

必要な道具を揃える

  • 草刈り鎌
  • 剪定鋏
  • 台車
  • 軍手
  • 刈払機

草刈りをする場所や雑草の量によって、上記のような必要道具を揃えましょう。

最適な道具を使うことによって、効率よく草刈りをすることができます。

道具選びは作業の基本。 草刈りをする場所を想定し、あらかじめ必要な道具を想定しておくと良いでしょう。

刈払機を使う場合はタイプの違いを理解する

草刈りを効率良く行うため、刈払機を使う場合はタイプの違いを理解しておくことが大切です。 刈払機には大きく分けて「ハンドル」「動力」「刃」の3つの違いによってタイプが分かれ、 それぞれ草刈りに向いている場所や草などが異なります。

まずは持っている(もしくは購入する)草刈り機のタイプを確認し、草刈りをする場所と照らし合わせながらタイプの違いを理解してみてください。

面倒な草刈りは刈払機を活用しよう

草刈りを効率よく行いたいのであれば、刈払機を活用した方がいいでしょう。 もしくは、自分ではできない場合業者に依頼するのも一つの手です。

刈払機を活用することによって刃の種類を使い分けることができるので、効率よく草を刈ることができます。刃の種類によって向いている草が異なるため、どのような雑草にも対応することができるでしょう。

やまびこ KIORITZ(共立)」は平坦地から傾斜地まで対応できる高性能な刈払機です。パワーもあるため、大きく成長した雑草をしっかりと刈ることができるかと思います。

【紹介関連アイテムカテゴリ】

背負式 刈払機一覧
肩掛式 刈払機一覧

【関連記事】

草刈機・刈払機の種類や選び方の基本情報をご紹介!利用場所や使用時の注意点も解説します

草刈機・刈払機の種類や選び方の基本情報をご紹介!利用場所や使用時の注意点も解説します

草刈機(刈払い機)といっても様々な種類があるため、利用シーンによってどのような草刈り機を使用して良いか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

田畑などの草の手入れを行うには、草刈機を利用することは必須と言っても良いでしょう。しかし、選び方が分からないため用途に合わない草刈機を使うことで、 作業効率に大きく影響してしまうのです。

今回はそのような草刈り機について、どのような種類があるか、また選び方などをご紹介していくのでぜひ参考にしてみてください。

草刈機の種類にはどのようなものがある?

まずは草刈り機にどのような種類があるのか、確認をしていきましょう。 草刈機は大きく分けて「ハンドル」「動力」「刃」の3つのタイプによって分かれています。

それぞれの種類の違いをご紹介します。

「ハンドル」の種類と特徴

ハンドルの形状によって草刈り機の使いやすさは大きく左右されます。利用場所によっては普段と異なる動きをする必要がある場合があるため、扱いやすいハンドルの形状の草刈機を選ぶことがポイントとなります。

ハンドルの種類は下記の3種類に分かれています。

  • U字ハンドル(両手ハンドル)
  • ループハンドル
  • ツーグリップ

U字ハンドル(両手ハンドル)

U字のハンドルがついた最もオーソドックスなタイプの草刈り機です。安定性があるため、事故が起こりにくいことが特徴です。

しかし斜面や狭い場所、また障害物が多い場所での使用には不向き。

おすすめ草刈機

やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量肩掛式 刈払機 SRE2230UT 両手Uハンドルタイプ

やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量肩掛式 刈払機 SRE2230UT 両手Uハンドルタイプ

ループハンドル

ループハンドルは、輪のようなハンドルがシャフト(棹)についていることが特徴です。 片手で操作できるため扱いやすく、傾斜が多いような場所でも草刈りしやすいです。

操作しやすいため、体への負担も少ないというメリットがあります。

おすすめ草刈機やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量 肩掛式 刈払機 SRE2230LT ループハンドルタイプ

やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量 肩掛式 刈払機 SRE2230LT ループハンドルタイプ

ツーグリップ

ツーグリップの草刈り機はハンドルがないため、両手でシャフト(棹)のグリップ部分を握って使用します。細かい作業がしやすくなる反面、草を刈る際の振動が直接伝わってしまうため、体への負担が大きくなってしまいます。

短時間で細かい場所を刈る場合に向いていると言えます。

おすすめ草刈機
やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量 肩掛式 刈払機 SRE2230GT 2グリップタイプ

やまびこ KIORITZ(共立) 超軽量&低燃費、肩掛式で女性でもラクラク! 軽量 肩掛式 刈払機 SRE2230GT 2グリップタイプ

「動力」の種類と特徴

草刈機はどのような動力が使われているかによって、 馬力や重量に影響を及ぼします。さらに使用時間も動力によって左右されるため、広い土地で使うのであれば動力をきちんと把握していく必要があるのです。

動力の種類は下記の3種類に分かれています。

  • エンジン式
  • 電動式
  • 充電式

エンジン式

エンジン式の草刈機はパワーが強く、長時間の使用に向いています。 目安として30坪以上ある土地で使うのであれば、エンジン式の草刈機を使うべきでしょう。

ただ、ガソリンを燃料にしているため排気ガスが出てしまい、音がうるさいことが少し難点。周りに住宅街があると迷惑になる可能性が非常に高いです。

エンジンは構造によって「2サイクル」と「4サイクル」があります。2サイクルエンジン式は重量が軽く扱いやすいことが特徴。一方で4サイクルエンジン式は 燃費がよくパワーもあります。

コード式

コード式の草刈機はエンジン式よりも軽量のため持ち運びに便利で、パワーが小さいものの排気ガスを気にすることなく使う事ができます。またガソリンなどの燃料補給もないため、スイッチを押せばすぐに作業できる点もメリットです。

ただ裏を返せば、田畑で作業をする際、周囲にコンセントを用意できるか確認しておく必要があるでしょう。持ち運び用のバッテリーがあるかもしれませんが、その分荷物が増えるためスムーズな作業ができない可能性があります。

充電式

充電式の草刈機も「コード式」と同様に、電気を動力にしている草刈機です。しかしコードがないため、周囲にコンセントを確保する必要がない事が魅力的。

また作業する際も音が比較的小さめなので、周囲に気を使う必要がないでしょう。

しかし直接コンセントから電力を確保する訳ではないため、長時間の使用には向いていません。また比較的パワーは強くないため、思うように草を刈る事ができない場合があるのです。

「刃」の種類と特徴

草刈機は使用されている刃によって、刈るのに向いている草が違います。刃の種類によって回転速度が違うため、作業の際にどれだけ安全に行えるかという点に影響します。

刃の種類は下記の3種類に分かれています。

  • 金属刃
  • チップソー
  • ナイロンカッター

金属刃

金属刃は耐久性が高く、使用頻度が多い場合コスパに優れていることが特徴です。2〜8枚の刃で作られており、枚数が多いほど固い草や小枝を刈ることに向いています。

金属のため切れ味が落ちた場合は研ぎ直すことによって何度でも使う事ができるため経済的です。

しかし金属なので固く、石などに当たった場合に火花などが散り、危険が大きいことがデメリットです。そのため初心者が使う場合には向いていません。

チップソー

チップソーの刃は円盤状で、先端に先端にステンレスや銅などの金属チップが取り付けられています。 サイズによって刈ることができる草に違いがありますが、柔らかい草から枯れ木まで、ほとんどどのような草も刈ることが可能です。

どんな場合でも扱いやすいため、初心者でも安心して使う事ができるでしょう。

おすすめ替刃

ツムラ 刈払機用チップソー L-52 オールラウンド 255x52P(255mm×52p)

ツムラ 刈払機用チップソー L-52 オールラウンド 255x52P(255mm×52p)

ナイロンカッター

ナイロンカッターは、ナイロン製のコードを高速で回転させて草を刈ります。2〜7mmとコードの太さは違いますが、太いほど刈る力は大きくなります。

また素材がナイロン製のため、石などの障害物に当たっても衝撃が小さく、火花などが散る心配もありません。 しかし逆に、ナイロンコードは使うたびに磨耗してしまいます。

長期的に使用する上では、コスパは期待できないでしょう。

おすすめ替刃

小林鉄工所 セフティー ナイロン自動繰り出し方式(クラッチ式) 刈払機用ナイロンカッター 叩くと伸びるミニカッター

小林鉄工所 セフティー ナイロン自動繰り出し方式(クラッチ式) 刈払機用ナイロンカッター 叩くと伸びるミニカッター

草刈機を使う際に注意すべきポイント解説

利用場所や用途によって、草刈機を選ぶポイントは異なります。しかし共通して、草刈機を使う際には注意すべき事があります。

使い方を誤ると草刈機の機能を十分に発揮できないだけでなく、大怪我につながる可能性もあるためしっかりと注意しましょう。

  • 保護具をきちんと着用する
  • あらかじめ障害物は除去しておく
  • 周囲の安全確認

上記を守り、安全に作業をする事が大切です。