年に一度の縁起物「大寒卵」

1月20日は今年の大寒でした。

写真は大寒に朝に産んだ「大寒卵」の卵かけご飯です❣

大寒卵を食べると一年間無病息災。また風水では金運がアップするとされるそうです。

知り合いの卵農家さんにいただいた大寒卵で早速、卵かけご飯をいただきました。

何だかいつもの卵より黄身の味が濃く感じたのは気のせいでしょうか(笑)

大寒は暦の上、一年で一番寒くなる日。気温が一番低くなる時期です。

ホントに今年の冬は寒いですネ。。。

そんな寒い冬が旬の大根・白菜・葱などの冬野菜が軒並みお安くなっています。

理由は秋以降、晴れの日が多かった事に加え台風などの被害が少なかったため今年は豊作になったんですね。

しかし豊作ゆえの問題も。。。

単価が安くなり輸送コストなどが賄えず赤字になることから大切に育てた野菜を廃棄せざるをえない状況もあるというから生産者さんは痛しかゆし、頭が痛いですよね。

とはいえ消費者の皆さんは、身も心も温まる鍋やおでんで冬野菜を食べてお得に乗り越えてみてはいかがでしょうか。

秋の味覚 銀杏

散歩中、だいぶ色づいてきたイチョウを見上げると銀杏の実がびっしり!!
もうすぐ実が落ちるような頃合いです。
秋の味覚と言えば銀杏はもちろん、サンマ・栗・サツマイモ・梨などなど…
そして新米も楽しみです!(^^)!
今年の水稲の作況指数はまだ出てませんが東日本はやや良との予想ですが西日本は梅雨入りが早かったことや8月の長雨の影響が心配されます。
何とか例年並みに収穫できるよう期待してます。

彼岸花

日曜日、公園の花壇で白い彼岸花を発見!珍しい!! けど…??

え~~!!彼岸花はお彼岸の頃に咲き乱れる花なのでは??

調べると今年の彼岸の入りは9月20日。

ずいぶんと早くに咲いた彼岸花です。

白い彼岸花は正式には「シロバナマンジュシャゲ」。

赤い彼岸花が突然変異を起こして生まれたという説があり、見る機会も少ないので思わず撮影しました。

まだ暑い日が続きますが秋の訪れは近いようですね。。。

鉄骨ハウス改修工事

使われていなかったハウスの改修工事のお見積依頼を受けました。
新規の農業法人様で、新たに事業開始されるそうです。改修工事も高額な金額が発生するため、出来る限りお安くできる提案が出来ればと思っております。

農業は、ある程度の費用を掛けなれば、出来ません。
どこにどの程度投資していくべきか、費用をかけるべきところ、抑えるべきところなど、数多くの農家様とお付き合いしてきた我々だからこそできるお手伝いができればと思います。
私たちほうねんは、地域農業のサクセスストーリーを一つでも多く作っていければと思っております。
ハウス改修工事

移住のお手伝い

先日、県外の方が大分県で農業したいから、土地ありませんか?と相談されました。以前からそんなお手伝いを行うため、不動産事業を開始しておりました。

農家様の中古機械の買取・販売を行う流れで、高齢農家様から、空き家・倉庫や耕作放棄地などのお世話を頼まれるようになりました。とは言え、やはり農地法の関係で売買に繋げるには諸条件が合わず中々難しいところがございます。行政の方や地元の方々と協議しながら、進めていくのが一番の最善策と思っております。

いろんな条件や地元の方々の慣習や移住者の想いや希望するスタイルなど、それらが上手くマッチングしてこそ、またその地に新たな移住者が長く暮らしていけるのではないかなと思っております。

そんな方々の縁を上手く繋げていけれたらと思いつつ、今後も活動して参りたいと思っております。

農地イメージ

明けましておめでとうございます。

紅白丑のお正月飾り

皆様 明けましておめでとうございます。

旧年中は新型コロナウイルス影響の中、皆様により沢山のご支援ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

この状況が一日も早く解消され平穏な日々が戻り、新しい年が皆様にとって良い一年となりますようにお祈りいたします。

招き猫のお正月飾り
ヘレン・ケラーの言葉で
『もしもこの世が喜びばかりなら、人は決して勇気と忍耐を学ばないでしょう』
とあります。

不便な日々だからこそ、我々はコロナに負けない勇気と忍耐を学んでいくのだとパワーをいただいた言葉です。
皆さん今年も頑張りましょう!!

ほうねんは気持ちも新たにスタッフ一同全力で取り組んでまいりますので、これまで同様のご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

早いもので今年も残すところ僅かとなりました。

由布院を代表する観光スポット「金鱗湖」

早いもので今年も残すところ僅かとなりました。

今年は本来なら東京オリンピック開催もあり明るい気持ちで新年を迎えたはずが予想もしなかった新型コロナウイルスで世界中が一変してしまいました。

年末年始も残念ながら新型コロナウイルスの影響が収まらないまま新年を迎えることとなりそうです。

何かと不便の多い日が続きますが、皆様がお健やかにお過ごになれますようお祈り申し上げます。

来年もほうねんを何卒宜しくお願い申し上げます。