• 上手に作れる
    たまねぎ一発肥料

    たまねぎ一発肥料

    詳細はこちら

  • 防獣資材の
    ゲッターエース3

    手軽に広範囲を囲える防衛システム

    詳細はこちら

  • 運搬器具の
    アルミハウスカー

    軽くて丈夫なアルミ製運搬車
    大型タイヤだから押しやすい!!

    詳細はこちら

  • 園芸支柱
    20m/m×1500mm

    用途が多彩な園芸杭
    樹脂被覆をしてるから錆びびくくて丈夫

    詳細はこちら

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
 

「学研プラス発行 野菜だより9月号掲載」
無農薬・天然素材
究極のボカシ肥料をつくろう!
    100セット限定予約販売
      11月発送予定

有機・無農薬で野菜をつくるなら、 肥料の材料にもこだわりたいもの。 全国のこだわり素材を選定し、無農薬・天然素材のボカシ肥料の材料を集めてみました。
今回学研プラスが発行する家庭菜園誌「野菜だより」の企画協力により通常では手に入りにくい材料を集めたボカシ肥料セットを作ってみました。
ほうねんオンラインサイトでのみ入手が可能です。
特別先行予約を開始します!
(注意)商品の発送は、11月頃を予定しております。天候などの影響により、発送時期やセット内容の生産地や種類が変更になる場合がございます。ご了承下さい。

 
米ぬか

ー然農法で育った2018年新米の米ぬか5kg。青森県産。つがる
ロマン。なかなか手に入らない完全無農薬の逸品。
米ぬかはミネラル分が多く、有効微生物が増殖するのに 必要な成分がバランスよく含まれた有機質肥料。ボカシ 肥料の材料に入れると発酵がうまく進みやすい。
N:2 P:4 K:1.5
菜種粕

⊆然農法で育てられた菜種油粕5kg。愛知県産。菜種油粕も完全無農薬のものは珍しい。
菜種油粕は、窒素分を多く含み、肥料効果が早くでやすい。そのまま使うと肥料過多になりやすいが、ボカシ肥料にすると肥効が穏やかになり障害を防いでくる。
N:5 P:4 K:1
魚粕

鹿児島県で水揚げされたカツオを原料にした魚粕2kg。120 ℃の加熱殺菌処理をしているため、ウイルスなどの心配もない。
魚粕は窒素とリン酸を多く含む有機質肥料。菜種油粕同様、分解が早い一方で肥料過多になりやすいため、ボカシ肥料にするのがおすすめ。
N:10 P:9 K:1
赤玉土

て別攜産の赤玉土3kg。100%関東ローム層を原料に、時間をかけ てゆっくり自然乾燥させた。粒が崩れにくい。
赤玉土は、好気性発酵でボカシ肥料をつくるときに、水分の蒸 発と一緒に失われがちな肥料分をしっかり吸着してくれる。もともと有機質肥料がもっている肥効を無駄なく活用できる。
  
「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】
「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】 「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】
拡大画像

「学研プラス野菜だより企画協力」究極のボカシ肥料15kgセット【100セット限定予約販売】

商品コード : houn-00100
価格 : 5,400円(税込)
ポイント : 54
数量
 

日本

かごに入れる すぐに購入
  • 商品についての問い合わせ
<セット内容>
米ぬか 5kg
(青森産自然農法による米ぬか)
菜種油粕 5kg
(愛知産自然農法による油粕)
魚粉 2kg
(鹿児島で水揚げされたカツオの魚粕)
赤玉土 3kg
(栃木産の赤玉土)

「究極のボカシ肥料の作り方」

今回は、ご紹介するのは好気性発酵でつくるボカシ肥料です。

何回か切り返しながら十分に発酵させるため、肥効効果は穏やかに長く効きます。

どんな野菜づくりにも使えるおすすめのレシピです。

<ご用意して頂く物>
  • ​究極のぼかし肥料作りセット
  • 畑の土 約2kg
  • お水
  • タライ
  • 防虫ネット
  • ダンボール又は日よけシート

1、材料をタライに入れる。
タライに材料をすべて入れる。15kgを一度仕 込むなら45L以上あるタライを使いましょう。 タライは隅まで混ぜ合わせやすく、混ぜ残しやかたまりが残りづらいので、おすすめです。

2、よく混ぜてから水を入れる。
 
材料をよく混ぜ合わせたあと、水を少しずつ入れ、さらに混ぜ合わせる。はじめに材料を混ぜ合わせると、だまができにくいです。入れる水の量は、材料にもともと含まれる水分量によって変わりますが、水分が多すぎると腐敗しやすくなるため、様子を見ながら水を足していきます。
 

ここでポイント 
水の分量は、握ったときに固まりになって、指でつくと崩れるくらいが適量。握って水が垂 れたら、水が多すぎます。 水分が多い場合は、米ぬかを足して調整して下さい。
 
 
ポイント

3、防虫ネットを張る。
タライに網
材料をタライの中で山型にもりあげる。こうす ると発酵しやすいです。タライに防虫ネットをかぶせ、ヒモで結ぶ。虫が入り込むことや、ネコや鳥のイタズラを防ぐ。

4、ダンボールをかぶせる。
ダンボールをかぶせる
水分の過剰な蒸発をふせぐため、ダンボ ールをタライのうえにかぶせます。タライの両脇にすこし隙間をあけて、通気性を保ちましょう。微生物は紫外線に弱いので、日陰になる風通しのよい場 所に保管して下さい。

5、切り返す。
 
温度計で計測 切り返す
発酵がはじまると温度が上がります。仕込んでから1週間くらいで、全体をよく混ぜ合わせ、切り返します。水分が飛びすぎると、乾燥して発酵しなくなるので、温度が上がらないときは水を足して下さい。数日ごとに何回か切り返しをして下さい。白カビは発酵がすすんでいる印です。

6、完成。
 
完成写真
何回か切り返しをし、温度が上がらなくなり全 体が白っぽくなったら完成です。時期にもよりますが、暖かい時期なら半月ほど、寒い時期なら1か月くらいはかかります。完成したボカシ肥料は乾燥させたビニール袋で保存して下さい。
  

CopyRight(c) 株式会社ほうねん. All Rights Reserved.